profile works blog mail


 
 
[須賀正人] 音楽ディレクター、作詞家。元ポニーキャニオン音楽プロデューサー。2000年に自身の個人事務所として「有限会社オニオンピーマンカンパニー」を設立。会社名の由来は須賀がネギとピーマンが嫌いで食べられないことから、独立に当たり『これからは好き嫌いは言ってられない』という戒めを込めて命名した。しかし未だにピーマンを残してしまう。埼玉県生まれのA型。  
 
子供の頃は電子工作が趣味で、中学生のとき「発明創意工夫展」で県大会まで残る。高校時代はアマチュア無線に熱中するが、友人にギターをもらったのをきっかけに作詞と作曲を始める。高校3年のとき、NHK「あなたのメロディー」で榊原郁恵さんに歌ってもらってアンコール賞を受賞。自分の作品がアレンジされ歌われることに快感を覚え、ちょっぴり人生が狂い始める。   そのときにサインしてもらったLPレコード
その後、楽曲作りと歌謡曲&アイドル研究に没頭し、大学入試に失敗。それと引き替えに今度は三波豊和さんの歌唱で「あなたのメロディー」に2度目の出場を果たす。更に月刊「平凡」に載っていた「石野真子のうたう歌詞募集」で第2位に選ばれ、この道で食っていけるんじゃないかと錯覚、けっこう人生が狂う。しかし音楽の仲間が増えるにしたがって、自分に作曲の才能がまったくないことに気づき、あっさりと曲は書かなくなる。   メダルと賞品にポータブルテレビをいただいた
19歳のとき、ひょんなことから当時ポップスに転向していた日吉ミミさんのアルバムに歌詞が採用。その後、ビクター音楽文化振興会で作曲教室の手伝いをしながら売り込みを続けるが、地方のCMソングがいいとこでほとんど採用されることはなかった。生活のため、ポニー(のちにキャニオンレコードと合体)のテープ工場で夜間アルバイトを始めるが、ある日「ポニー企画大賞」というチラシが配られ、賞金の20万円につられて何点か応募する。数週間後、本社の企画部という部署から呼び出しがあり、来週からはこちらに来るように告げられる。これで決定的に人生が狂う。   作曲はブレイク前の芹澤廣明さんだった
 

ディレクターとして初めて商品になったのは、カラオケに大量のエコーをかけ、銭湯のノイズを被せた「ふろオケ(女湯編・男湯編)」という企画カセットだった。その後、オムニバスカセットの選曲、コミックスやゲームのイメージアルバムなどを経て、アニメ音楽が仕事の中心になっていく。特に声優さん総出演のキャラクターソングのアルバムを得意としていたが、アニメキャラのパステーシュ(模倣)をプロの作詞家に要求することに罪の意識を感じ、ほとんどの作品を自分で作詞するようになっていった。「乱馬的歌劇団文芸部」「長谷川空」「sora」など、作品によってペンネームを使い分ける。

  面白カセットシリーズとして10数本作った
「らんま1/2」ではキャラクターごとにシングルCDを12枚発売し、オリコンチャート100位内に10枚が同時ランクイン。アルバム「熱闘歌合戦」ではアニメ部門のゴールドディスク大賞も受賞した。「ああっ女神さまっ」ではアニメと声優のキャラを別人格とする戦略で、声優ユニットによるアーチストアルバムをリリース。声優ブームを加速させる1枚となった。その後、代表作となる声優「井上喜久子」作品の制作に突入していく。デビューアルバム「優美なおさかな」から2000年の「たのしいこと」まで、本人名義の音楽&映像作品だけで30数アイテムを制作し、コンサートツアーでの構成や演出までを手がけた。   彼女は天才で、関われたことを今でも幸せに思っている
アニメのCDでは特にパッケージにこだわりを持ち、奇抜なアイディアの商品を連発した。4枚のシングルCDを縦に並べた「コーラ飴パック」、オリジナルのソフビを付けた「A子ロボ付き」、ジャケットの怪獣の目が点滅する「LED&水銀電池搭載」、CDのランダム再生を使って遊ぶ45曲入りの「かるた付き」、1月から12月までの歌を集めた「日めくりカレンダー付き」、他にも「ボードゲーム付き」「袋とじシングル」「タンバリン付き」などなど。当時は通常商品がほとんどなかったため、社内では「特殊仕様の須賀」と呼ばれていた。   粘土でカタを作る所から始めたので、採算は取れていない

「主なアニメ関連作品リスト」
●TVアニメ >> 「らんま1/2」「モンタナ・ジョーンズ」「ついでにとんちんかん」「陽あたり良好!」「うる星やつら」「鉄コミュニケイション」「アンドロイド・アナ MAICO」「リアルバウトハイスクール」 OVA作品 >> 「ああっ女神さまっ」「魔獣戦士ルナ・ヴァルガー」「エリアル」「A-ko The ヴァーサス」「プロジェクトA子」「魔女でもステディ」 ゲーム音楽 >> 「ウルティマ」「ジャングル・ウォーズ」「マリオの大冒険」 実写作品 >> 「Talking Head(押井守)」「スターヴァージン」「花のあすか組」「スケバン刑事」 コミックス・イメージ >> 「2001夜物語」「レーサーミニ四駆(横山智佐)」「無限の住人(人間椅子)」 声優関係 >> 「井上喜久子」「岩男潤子」「おさかなペンギン」「らんま1/2 DoCo(林原めぐみ・日高のり子・高山みなみ・佐久間レイ・井上喜久子)」「GODDESS FAMILY CLUB(井上喜久子・冬馬由美・久川 綾)」「副編ブラザーズ」「久川 綾」「堀江由衣」「野川さくら」


 
独立後、ポニーキャニオンから「女性アイドルのベストを出すので選曲せよ」という依頼があり、ほんの手伝いのつもりで数枚組んだところ、気がついたら60枚ものベスト盤CD(Myこれ!クション)を選曲していた。2002年からは5枚組のCD-BOX「ぼくらのベスト」シリーズと、宣伝のためのWebサイトを立ち上げる。シングル盤コンプリート、最新のデジタルリマスタリング、資料性の高い豪華ブックレット、ネット投票によるファンに応えた選曲など、アイドル復刻CD-BOX業界でもっとも元気で充実したシリーズとなった。   岡田有希子BOXには未発表曲やCM集のDVDも付いていた
その後シリーズは、石川ひとみらPC三人娘の全アルバムを復刻する続編CD-BOXにまで発展する。ジャケット写真のサプライズとして、「現在」の彼女たちに「過去」のアルバムを手に持ってもらって撮影をした。また、岡田有希子のCD-BOX発売に合わせ、過去のテープからボーカルだけを抜き出し、新たにフルオーケストラの演奏を加えた「Believe In You(2003 Strings Version)」を制作。16年ぶりのシングル発売として話題となる。   カメラマンは当時も撮っていらした武藤義さん
シリーズ外でもNAVレコードの全発売シングルを並べた「株式会社NAVレコードヒストリー」、楽曲を五十音順に収録し百科事典の体裁を摸した「うしろゆびさされ組★うたの大百科」、他社音源まで収録した初のコンプリート盤「おニャン子クラブ大全集」、木之内みどり・岡田奈々の「アナログ・アルバム完全復刻パッケージ」など、ここ数年で復刻した女性アイドルのベスト盤は100商品を超えている。   すべての商品はデザインや音質にまでこだわっている

「主なアイドル復刻商品リスト」
CD-BOX(ぼくらのベスト) >> 堀ちえみ・岩崎良美・石川ひとみ・早見 優・香坂みゆき・岡田有希子・斉藤由貴 ●全作品完全復刻 >> おニャン子クラブ・うしろゆびされ組・高井麻巳子・ゆうゆ・木之内みどり・岡田奈々 ●ベスト盤(70年代) >> 林 寛子・山本リンダ・松本ちえこ・あべ静江・荒木由美子・金井夕子・能瀬慶子・三木聖子・桑江知子・アグネスラム・吉沢京子 ベスト盤(80年代) >> 森尾由美・宇沙美ゆかり・小林千絵・林 紀恵・セイントフォー・水野きみこ・ソフトクリーム・西田ひかる・BaBe・井森美幸・浅倉亜季・里中茶美・小高恵美・レモンエンジェル・つみきみほ・真璃子・仁藤優子 ●ベスト盤(おニャン子クラブ) >> 工藤静香・うしろ髪ひかれ隊・新田恵利・生稲晃子・福永恵規・内海和子 ●ベスト盤(乙女塾) >> CoCo・ribbon・中嶋美智代・三浦理恵子・瀬能あづさ・堀川早苗 ベスト盤(90年代) >> 瀬戸朝香・牧瀬里穂・早坂好恵・田中陽子・Melody・新島弥生